FC2ブログ

技術翻訳会社トランスワード          最新の中国経済ニュース

株式会社トランスワードが中国・大連に設立した子会社が中国の経済ニュースを日本語に翻訳し、中国の経済情報をいち早く皆様にお届けします。

最低賃金と物価を連動

人力資源と社会保障部が先日発表したところによると、一定の条件を満たした省は最低賃金と物価水準を連動させる仕組みの構築を自主的に推進し、物価上昇が市民の収入に及ぼす影響を抑制することが可能になる。

中国では市民が日々拡大する収入の格差に直面し、年一回の最低賃金の調整もこの問題を根本的に解決できていない。このため物価の変動に合わせて最低賃金の基準を変えるべきだという声が日増しに高まっている。現在、山東、江蘇、浙江などの7省で先行試行として最低賃金、基礎年金及び物価水準を連動させるダイナミックな調整メカニズムを構築している。これらの省では年一回ではなく、物価の上昇、下降に合わせて頻繁に最低賃金を調整できる。上昇が緩慢な最低賃金と速いテンポで上昇する物価のダイナミックな連動を実現させる。

スポンサーサイト



PageTop

470. トヨタ、中国で70万台リコール

トヨタ、中国で70万台リコール
=カムリなど4車種=

 トヨタ自動車の二つの中国合弁企業(広汽トヨタ、一汽トヨタ)は8月23日、部品に不具合が見つかったため、カムリ、ヤリス、ヴィオス、カローラの4車種をリコールすると発表した。リコール対象車は合わせて68万8314台。これは、中国が2004年に自動車リコール制度を実施して以来、最大規模。

 リコール報告によると、運転席側のパワーウィンドウの主スイッチにグリスを塗りすぎると、内部ショートを起こし、発熱して溶け出すという。広汽トヨタと天津一汽自動車はリコール対象車の部品を無償で交換する。



▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg


PageTop

469. 輸入添加剤の中文表記を義務付け

輸入添加剤の中文表記を義務付け
=食品安全法実施条例で規定=

輸入食品の添加剤について、中国語でラベル表示し説明書を添付することが義務付けられたが、これまでのところ一部企業のラベルと説明書が関連規定に符合していないことが分かった。

国家質検総局によると、7月20日から実施された「食品安全法実施条例」は、輸入食品添加剤について詳しい中国語表記のラベルと中国語説明書を添付しなければならないと規定している。この規定に符合しない食品添加剤は没収される。国家質検総局は食品添加剤輸入業者に対し、中国語の「合格」ラベルを要求どおり貼り付け、中国語の説明書を添付するよう呼びかけている。






▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg

PageTop

465. 食品安全法実施条例を施行

食品安全法実施条例を施行
=医療機関に報告を義務付け=

 今年7月1日から施行された『食品安全法』を細分化し、実施細則とする「食品安全法実施条例」がこのほど公布された。人間本位の、安全健康を第一にした立法原則が具体化されている。同条例は、次の5つを骨子としている。

1、医療機関は関連疾病の情報を報告しなければならない。
1、食品生産経営記録と領収書は2年以上保管しなければならない。
1、リコールした食品の処理方法を明らかにしなければならない。
1、食品安全最低ラインを強化しなければならない。
1、食品安全に関する事故は2時間以内報告しなければならない。





▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg

PageTop

456. 白酒の値上げ必至か

白酒の値上げ必至か
=消費税課税価格を調整=

 国家税務総局が7月28日明らかにしたところによると、税務総局はこのほど、「白酒消費税最低課税価格査定管理弁法(試行)」を公布し、白酒消費税の調整を行った。同弁法は今年8月1日から施行。

 税務総局はこれまで、白酒に対し「20%の従価税」と「500グラム0.5元の従量税」を課しているが、今回の調整は従価税部分で、税率は変更せず、課税価格について調整した。

 白酒消費税の執行に当たっては、これまで長期にわたって「移転価格」という税収欠陥が存在してきたことが分かっている。酒造メーカーの多くが、メーカー自身が設立した販売会社に低価格で売却し、この販売会社が取次店に高い値段で再度販売し、税逃れの目的を達成している。

 税務総局はまた、これとは別に各地の国税部門に対し、白酒消費税の徴収管理を厳しくするよう通達した。




▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg

PageTop

455. 石油製品価格をトン220元値下げ

石油製品価格をトン220元値下げ
=今年5回目の調整、7月29日から=

 国家発展改革委員会(発改委)は7月28日、翌29日からガソリンとディーゼル油などの石油製品価格をトン当たり220元引き下げると発表した。ガソリンがリッター当たり0.16元、ディーゼル油が同0.19元引き下げられる。

 発改委は、国際原油価格が22営業日移動平均で4%変動した場合、石油製品の小売価格を調整することができるとしている。今年に入って5回目の調整となる。これまでの調整推移は次のとおり(価格はトン当たりの調整価格。▼値下げ△値上げ)。
 [1月15日]=ガソリン▼140元、ディーゼル油▼160元
 [3月25日]=ガソリン△290元、ディーゼル油△180元
 [6月1日]=ガソリン、ディーゼル油ともに△400元
 [6月30日]=ガソリン、ディーゼル油ともに△600元
 [7月29日]=ガソリン、ディーゼル油ともに▼220元


▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg

PageTop

452. 学生へのクレジットカード発行を禁止

学生へのクレジットカード発行を禁止
=保証人付きで許可―銀監会が通達=
 
中国銀行業監督管理委員会(銀監会)は7月16日、「クレジットカード業務をいっそう規範化することに関する通知」を出し、「18歳未満の学生にクレジットカードを発行してはならない」と通達した。
 
一部の商業銀行は、クレジットカード業務を拡大するため、さまざまな方法でカードの販促を展開し、顧客を取り込んでいる。その結果、一部の顧客はクレジット限度額を超えてキャッシングし、違約率が激増する原因になっている。また、学生の中にも限度額を超えてオーバードラフトする者も多く、複数のクレジットカードを使って順次貸し越す現象も見られる。
 
通達は、18周歳未満の学生にクレジットカードを発行してはならないとし、安定した収入がない学生にクレジットカードを発行する場合、相応の返済能力を備えた保証人を立てるよう求めている。



▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg

PageTop