FC2ブログ

技術翻訳会社トランスワード          最新の中国経済ニュース

株式会社トランスワードが中国・大連に設立した子会社が中国の経済ニュースを日本語に翻訳し、中国の経済情報をいち早く皆様にお届けします。

83.私のミニカーとミニバイク

趣味というほどのものではありませんが、私は写真のようなミニカーやバイクが好きです。時々ですが社員に自動車の構造を説明するときに役立つこともあります。

20070528011933.jpg
避難させたマイ・コレクション!?

以前はこれらのコレクションの相当数を自宅に置いていました。しかし、時々訪問する私の孫たちが欲しがるので、今は会社に避難させています。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

スポンサーサイト



PageTop

82.中国の会社の決算期と税金の払い方

日本では1年に1回決算し納税しますが、中国では毎月が決算です。その月にもし利益があれば30%程度の(日本でいう)法人税を払わなくてはなりません。次に3カ月まとめて決算をします。この3カ月分を清算して利益が出ていなければ1カ月目に払った税金は戻ってきます。が、その手続きは煩雑で、色々苦労して申請してもうまくいかず、諦めざるを得ないケースもあるようです。次に1年たったところで1年間の合計(清算)をしますが、1度払った税金が返ってくるかどうかは保証の限りではありません。

日本でも同じですが、税金を払うときはとてもスムーズに事が運びますが、いざ払い戻しになると複雑になります。中国で会社を経営するときの鉄則は「長期的展望に立ち、かつ毎月の決算をきっちりやる」ことです。一カ月を越えるどんぶり勘定をすると必ず損をします。

 に参加中! ワンクリックお願いします。

中国 ビジネスについてのブログを表示する.


PageTop

81.大連で昼食を

大連のわが社の社員は、原則として入居している森ビル2階の社員食堂で昼食をとります。ここでの昼食代は8元で、会社負担にしています。しかし、日本人の私には中華料理の昼食は脂っこくてあまり食欲が出ないので、近所の日本料理店に出かけます。

この場合、自分一人ではなく、なるべく同じビルで働いている日本人の知人と誘い合って行きます。私は大連に駐在しているわけではなく、月に1~2度訪問するだけですから現地の最新情報に疎いところがあります。そこで駐在員の人たちと昼食を共にし、色々と最新の話題を仕入れるようにしています。

IMG_0041.jpg
大連には日本のチェーン店も多数あります

 に参加中! ワンクリックお願いします。

ビジネスについてのブログを表示する.

PageTop

80.メカマニア翻訳者の自作エンジン

トランスワードの翻訳者の一人はデジタル物とメカ物のマニアです。
写真は彼が組み立てたホンダのバイクのエンジンです。通常はただのオブジェですが、時として新人翻訳者へのメカの説明に役立っています。

20070528010213.jpg
当社翻訳者が組み立てたバイクエンジン

この種のプラモデルを一度組み立てると構造や形がある程度理解できます。メカに疎い翻訳者さんは一度挑戦してみることをお勧めします。

ちなみに、このエンジンを自作した男性スタッフは、当社配信のメルマガ【トランスマガジン】にて「翻訳者のためのパソコン徹底活用講座」という連載を始めました。デジタルとメカに強い彼ならではの視点で、翻訳者の役に立つ記事を書いていますので、ぜひ、ご一読ください。

\"にほんブログ村 に参加中! ワンクリックお願いします。

技術翻訳についてのブログを表示する.

PageTop

79.ギターとピアノの弾き語りバー

最近発見しましたが、ギターとピアノが抜群にうまいカップル(だと思う)が経営している IDEA SALON というバーが森ビルの道を挟んだ向かい側の病院のそばにあります。メインの道路から少し入り込んだ場所なので、最初は探すのに少々手間取ります。

弾き語り 外観

ご主人(だと思う)がギター、奥さん(これも未確認)がピアノの弾き語りをします。私は音楽には少しうるさい方ですが、この二人の演奏はとにかくすばらしいです。日本の歌も数多く演奏してくれ、私のような中年の男性にはとても居心地の良い店です。客のほとんどは中国人で、日本人が行くと歓迎してくれます。女性だけでも気軽に行ける、センスが良く落ち着いた感じの店です。

 に参加中! ワンクリックお願いします。

大連についてのブログを表示する.



PageTop

78.大連の広島県人会

大連には広島県人会があり、奇数月の最終金曜日の19時から懇親会をやっています。
会長は三島食品の総経理の野口氏で、幹事(連絡係)は私(仲谷)です。現在の会員数は60名程度、懇親会への参加者は毎回平均20名くらいです。堅苦しい会ではなく、皆で集まって飲み食いし、自由に情報交換をしています。会員以外のゲストも歓迎です。参加希望者は事前に連絡してください。
TEL: 0411-8368-6806(中国内電話です)
メールは dalian@transwd.com です。

 に参加中! ワンクリックお願いします。

大連についてのブログを表示する.

PageTop

77.とても便利で経済的な通信手段

当社が2年前に大連に事務所を開設した当時、中国・日本間の電話連絡経費が高くつくのが悩みでした。そこで、当時はやり始めていたIP通信手段のひとつであるスカイプを導入しました。スカイプ対応の送受話器を買い、スカイプソフトをダウンロードすれば使用可能です。

20070519055247.jpg実は日本と中国の間の通信状況はあまり良くなく、インターネットのデータ送信速度もかなり遅いです。しかし、スカイプに限って言えばチャット機能も通話機能も問題なく、快適に使えます。そのうえ、通信費はネットの基本使用量だけですから事実上無料です。

スカイプは2者間の通信・通話機能だけでなく、グループチャットの機能もあります。この機能を使い、これまで広島だけで実施していた翻訳教室の「遠隔バーチャルバージョン」の実施を計画しています。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

仕事についてのブログを表示する.

PageTop

76.自作パソコンが活躍中です

少ない予算で高性能のパソコンを手に入れようということで、先日2台のパソコンを作りましたが、快調に働いています。

このパソコンの前に同じくらいの予算でメーカー製のパソコンを買いましたが、自作のほうは格段に性能が良く、トラブルも発生していません。モニターは2台にしましたが、これがまた便利で翻訳作業の効率化に役立っています。

20070519054428.jpg
モニター2台で快調な自作パソコン

メーカーさんには申し訳ありませんが、今後は全て自作パソコンでいこうと思っています。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

技術翻訳についてのブログを表示する.

PageTop

75.翻訳効率アップに必要なスキルとは?

当社が2000年から7年間あまり配信し続けているメールマガジンがあります。
【トランスマガジン】-翻訳会社が教えるプロの英語-
というメルマガです。

「当社翻訳教室の生徒さんおよび登録翻訳者の方を主な対に、翻訳実務に役立つ情報を定期的にお送りする」という目的で、翻訳業界の話や翻訳に役立つコラムなど、翻訳会社ならではの情報を発信し続けています。

このたび、その【トランスマガジン】で新連載が始まりました。
「翻訳者のためのパソコン徹底活用講座」というコーナーです。

当社の男性スタッフでパソコンのオーソリティでもある藤川が担当。パソコンを徹底的に活用し、翻訳効率を一段とアップするためのヒントやノウハウをご紹介していきます。

実際、当社でも彼のおかげでパソコン環境が向上し、翻訳業務の効率化が実現しています。
ぜひ、ご購読をお願いします。

【トランスマガジン】新連載
「翻訳者のためのパソコン徹底活用講座」

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

英語についてのブログを表示する.

PageTop

74.翻訳教室用の自動車部品

わが社の翻訳教室の棚には、翻訳講座の時に使う自動車部品の山があります。技術翻訳を教えるとき、実際の部品を使うと生徒さんの理解が格段に良くなります。

20070519053611.jpg
分解してみたものの…

これらの部品は私が少しずつ集めたものですが、翻訳教室で今でも活躍中です。
文章だけでなく、実際の部品を手に取ると内容の理解が深まります。

部品の外観だけでなく中身も見せるために分解しました。しかし、元の形に組み立てられなくなったので分解したままの惨めな状態ですが、私にとってはかわいい部品たちです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

英語についてのブログを表示する.

PageTop

73.大連で映画館に行くと…

私は中国語ができないので、これまで大連の映画館は避けてきました。しかし、週末は暇で困るので最近は時々映画を観るようになりました。こちらの映画館の入場料は20~30元程度で、映画館の造りは日本とほぼ同じで快適に見ることができます。

上映している映画は中国(香港含む)とアメリカの物がほとんどです。アメリカ映画の中国での封切りはかなり早く、物によっては日本より早いくらいです。

問題の言語ですが、アメリカの映画も基本的に全て中国語への吹き替え版です。日本でアメリカ映画の日本語吹き替え版を見ても違和感はありませんが、こちらでアメリカ人が流暢な中国語を喋っている映画を観ると変な感じです。

中国映画もアメリカ映画も時として英語の字幕と中国語の字幕が出ることがありますが、1つの台詞の字幕を中国語で表すとおそろしく短く表現できます。その下に英語の字幕が長々(中国語の3~4倍の長さ)と表示されるのですが、中国語を読むための時間しか表示されないため、英語字幕は半分以下しか読むことができません。とてもいらいらします。

 に参加中! ワンクリックお願いします。

中国についてのブログを表示する.

PageTop

72.中国で多発する現象とは・・・

中国は今、急速な経済発展のためエネルギーが不足し、停電も頻繁に発生しています。大連市内はそうでもありませんが、少し離れた大連の開発区では定期的ともいえる停電があり、工場の経営者は頭を悩ませているようです。

大連滞在中、私は市内のマンションに住んでいるので、停電はめったに経験しませんが、部屋の電球切れの頻繁さにうんざりしています。オフィスビルなどは蛍光灯が普及していますが、一般の家はどういうわけか電球が主流です。

中国の一般家庭への電力は220ボルトです。しかし、どうやらこの電圧の調整がうまくいっていないようで、電圧が高すぎることが原因と思われる電球切れが多く発生します。真夜中に起きて部屋の明かりをつけた途端、「パーーン」という音と共に電球が破裂し、周りに飛び散ることがあります。日本の場合、電球切れは中のフィラメントが切れて点灯しなくなるだけですが、中国の場合は電圧が高いせか、または電球の品質によるものかよく分かりませんが、切れた時に電球のガラス部分も派手に爆発することがあります。本当にびっくりします。

特におしゃれなデザインの電球はよく玉切れします。私の部屋の電球は既に半分くらい玉切れしていますが、まだ交換していません。それほど不便は感じていませんし、明かりの数を減らすことにより節電できるのでそのままにしています。中国の電力不足解消のためのお手伝いの気持ちです。

IMG_0064.jpg
玉切れしたままでも不便を感じない(?)部屋の電球

 に参加中! ワンクリックお願いします。

中国についてのブログを表示する.

PageTop

71.“翻訳の本屋さん”ができました!

トランスワードでは、このたび、技術翻訳を学ぶ方のお役に立つ参考書ばかりを取り揃え販売する専門サイトとして【翻訳参考書マーケット】を開設しました。

技術翻訳を勉強中の方やこれから勉強したいという方たちが、実務で培った翻訳会社のノウハウを段階的に学べるようテーマ別に5冊の翻訳教本を用意しています。
いずれも当社で製作・出版しているもので、当社の翻訳教室や新人教育に使っている実務に即した内容です。

技術翻訳を学んでプロを目指す方、翻訳者としてスキルアップを図りたい方に、きっとお役に立つ内容です。ぜひ、ご活用ください。

▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg



にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

技術翻訳についてのブログを表示する.

PageTop

70.トランスワードの翻訳者進路相談

最近は若い人だけでなく、団塊世代の翻訳志望者が増えています。退職した後の第二の仕事として翻訳は魅力的です。

彼らは多くの経験を積んでいるので翻訳者として必要な多くの知識を持っています。必要なのは「商品として通用する翻訳品質の確保」と「どのようにして仕事を獲得するか」というノウハウです。

私は仕事柄このような人たちから多くの質問を受けます。答える内容はいつも似たり寄ったりです。トランスワードのホームページには過去のQ&Aを数多く掲載していますので参考にしてください。

20070519043643.jpg
技術翻訳進路相談のコーナー

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

技術翻訳についてのブログを表示する.

PageTop

69.広島-大連間の飛行機では…

最近の半年くらいで中国人客の割合がかなり増えてきました。日本への留学生と工場研修生がほとんどです。大連発日本行きの便は午前9時前後に集中していますので、8時前後は彼らと彼らを見送る家族で空港内はごった返しています。人に遠慮していたら、なかなかチェックインカウンターのエリアにたどり着けません。この時間帯の便に乗るときは少し早め、またはほとんどの人がチェックインを済ませた遅めに行くとスムーズに手続きができます。

IMG_0059.jpg
広島-大連間も直行便があります

特筆に値するのは、研修生が持っていく荷物の多さです。まるで引越し荷物のようです(確かに彼らにとっては引越しですが…)。荷物の大部分は衣料品のようです。

一度、チェックインを済ませたゲート前のロビーで若い女性が突然私の目の前でジーパンを脱ぎ始めたときには驚きました。

 に参加中! ワンクリックお願いします。

一人旅についてのブログを表示する.


PageTop

68.翻訳参考書「テクニカルライティングと技術翻訳の秘訣」を増刷!

当社は1997年に設立しましたが、その翌年の1998年に私にとっては初めての著書である首記の参考書を発行しました。途中内容の追加を行ないながら今回で4度目の印刷に至っています。

book_02.jpg
『テクニカルライティングと技術翻訳の秘訣』

私は翻訳業界に入って20年になりますが、途中から翻訳会社内で新人翻訳者の指導にも携わってきました。翻訳志望の若い人のほとんどは文科系で英語の勉強をしてきた人たちです。この本はそのときに教えた内容をベースに書いています。技術翻訳者を目指す人に私からのいち押しの本です。トランスワードのホームページで販売しています。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg




PageTop

67.大連で広島風お好み焼を食べるなら…

ラマダホテルの近く(ホテルを出て道路を挟んで右前方、徒歩10分くらい)にお好み焼屋の「かっちゃん」があります。なんでもここのママが広島に行って修行してきたとのことです。広島風に加えて関西風、そして居酒屋料理も提供します。

広島県人の私にとっては見逃せない店なので月に1度くらいの頻度で出かけます。お好み通の私にとっては少し物足りない味ですが、客観的に見ればまあまあでしょう。
料金はビール、おつまみ、お好み焼のセットで一人50元程度ですので日本人にとっては割安の夕食です。お客さんは長期滞在と思われる日本人が大半です。

現地の人にとってもお好み焼はおいしいらしく、中国人客もかなり来ます。脂っこい中国料理を食べ慣れている人にとって、たまに食べるお好み焼やハンバーガーは新鮮でおいしく感じるのでしょう。

IMG_0048.jpg
「かっちゃん」ののれん。カープカラーの赤?

 に参加中! ワンクリックお願いします。

スローフードについてのブログを表示する.

PageTop

66.新メルマガ【翻訳で稼ぐノウハウ】創刊!

トランスワードでは過去8年間、【トランスマガジン】と称して翻訳業界の情報を皆様にお送りしています。このメールマガジンで翻訳業界の動向、翻訳者の生活、プロ翻訳者向けの翻訳ノウハウなどをお伝えしてきており、今後も継続していきます。

【トランスマガジン】に加え、この度新しい試みとして翻訳学習初心者の皆様向けに新しいメルマガ【翻訳で稼ぐためのノウハウ】の発行を開始しました。

新しいメルマガでは特に技術翻訳を初めて勉強する人のための具体的な勉強方法、実際の翻訳で役立つ、主として英語のテクニカルライティングテクニックなどを掲載します。工業技術分野のこなれた翻訳ができるよう、特に使用頻度が高く、皆様に有益な情報を掲載していく予定です。

購読申し込みは、こちらからです。ぜひ、ご登録をお願いします。
【翻訳で稼ぐノウハウ ~翻訳初心者のための技術翻訳~】

また、既存の【トランスマガジン】はトランスワードのホームページから申し込みが行えます。

発行周期は【トランスマガジン】と同様、毎週一回です。
既存の【トランスマガジン】と合わせ、プロの技術翻訳者を目指す多くの皆様のご愛読をお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg


PageTop

65.トランスワードの翻訳研修生制度

当社は翻訳教室を運営していますが、卒業生の中で「翻訳会社内で仕事をしながらスキルアップしていきたい」という人に研修生として働いてもらうシステムがあります。勉強半分、仕事半分くらいです。
その後、希望者で、会社が認めた人は入社してもらい、正式に社内スタッフになっていただいています。

翻訳会社内で働くメリットは幅広い分野と顧客の仕事をこなすことにより、幅広く、かつお客様が求める高品質の翻訳スキルが身につくことです。また、翻訳と同時に必要となる編集における高度なパソコンスキルも身につきます。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

技術翻訳についてのブログを表示する.

PageTop

64.大連の情報を無料で収集するなら…

大連に常駐している日本人は数千人だと言われていますが、これに加えて観光客が多く来訪します。これらの人たち向けの情報誌(タウン誌)が5~6冊あり、ほとんどが月刊誌です。

20070506160237.jpg
表紙もカラフル、種類も多彩

全て無料で、日本人が立ち寄りそうな場所にはどこにでも置いてあります。初めて大連を訪問した人はこれらの冊子を入手して情報収集するとよいでしょう。情報誌によってビジネス系、観光系、飲食系等と、それぞれ特色がありますので複数の冊子を入手することをお薦めします。求職(求人)案内ページにも大連市内の案内地図があるので便利です。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

PageTop

63.中国で個人の銀行口座を作る方法とメリット

中国に長く滞在する場合、または頻繁に訪問する場合には中国内に銀行口座を作りましょう。パスポートを持って銀行の窓口に行くと外国人でも簡単に口座を開設できます。

中国には多くの銀行がありますが、外国為替に強く、外国人にとって何かと便利なのが中国銀行(BANK OF CHINEA)です。この銀行には一冊の通帳で人民元、米ドル、日本円の通貨が同時に預金できるタイプの口座があります。例えば、日本からその口座に日本円で送金しておき、中国に来た時その日本円を人民元に両替してそのまま預けておき、必要に応じてキャッシュカードで人民元を引き出すことができます。中国のATMは原則24時間営業ですので便利です。

口座にある3つの通貨は定期預金にしておくことも可能です。定期預金の金利は人民元が一番良くて年3%程度です。次に良いのは米ドルで、日本円が一番悪いです。これはそれぞれの国の基本金利を元にしているからでしょう。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

中国についてのブログを表示する.

PageTop

62.翻訳者の悩みのタネ、英語の冠詞の話

私は広島の会社で日本語・英語の翻訳教室を教えていますが、生徒さんからの質問で一番多いのが冠詞についてのものです。

最近、私が冠詞についてお答えした内容をご参考までに掲載します。

冠詞はあるものを特定するか、しないかの区別に使うものです。
文章を書いている人がある特定のものを読者に連想してもらいたい場合に定冠詞の the を使います。
ある本に書いてある「特定できる部品には冠詞は不要」というのは、多分、文脈からして the をつけなくても読者が暗黙のうちに特定できる場合、the は省いてもかまわない、という意味でしょう。この点では一理あると思います。

そもそも冠詞は書く人の主観で決まるものですから、人が変わると冠詞も変わるのは仕方ありません。ここら辺を追求すると泥沼にはまってしまうので、あまり深く考えないほうがいいと思います。

気をつけたいのは通常の文章を読んだとき、冠詞を省くとリズムが悪くなる場合が多いということです。より自然な流れの文章にするにはどっちの方が良いかという基準で考えましょう(theがあるほうが読みやすい…と私は考えています)。

 にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg


PageTop

61.週末の大連のファーストフード店はいつも満席

大連にはケンタッキー、マクドナルド、ピザハットなどがあちこちにあり、繁盛しています。週末の昼食時にはケンタッキーとマクドナルドには空席がまずありません。日本人なら相当辛抱強い人でないと席が取れません。ピザハットは料金が少し高めなので比較的空いています。

IMG_0033.jpg

どんぶり物が食べたくなったら、吉野家の牛丼がおすすめです。15元(230円)くらいで写真のセットが食べられます。味は日本の店とほとんど変わりません。

驚くことにこの種のファーストフード店は、ほとんど全てが過去5年間に出店したものらしいです。5年でここまでの店数と繁昌ぶりに目を見張ります。

値段は日本より少し安めですが、現地の一般の人にとっては決して安くないはずです。一般のサラリーマンの昼食は3~8元くらいと聞いていますので、これらの店での15~25元は贅沢な昼食です。

クリックで応援してください  に参加中! ワンクリックお願いします。

PageTop

60.大連の街中にある公衆トイレ

IMG_0043.jpg

写真は大連市内のトイレで、使用料1元の有料です。
私が初めて大連を訪れた2年半前にもあったような気がしますが、最近目立ってその数が増えています。ほとんどの場合、とても目立つ場所にあるので少し入りづらい感じです。私もまだ使ったことがありません。

大連市内にとても人気のある「羊の串焼き屋」さんの出店があり、いつも多くの客が並んで買い求めていました。しかし、ある時突然、このタイプのトイレがすぐ隣にできてしまいました。その後、この店の前を通るたびにチェックしていますが、明らかに客が激減しています。かわいそうですね。

クリックで応援してください  に参加中! ワンクリックお願いします。

PageTop

59.広島発のインターネットTV「Japan in Motion」

広島TSSという放送局が最近インターネットTVを始めました。広島をはじめとする日本の情報を世界に発信しています。言語は英語、韓国語、中国語版があります。外国語の学習にも役立ちます。
20070506155510.jpg
「Japan in Motion」の画面

この番組の中国語版の翻訳とナレーションを務めている人が、当社トランスワード中国語講座のメイン講師であるウリナさんなので、私も応援しています。
★トランスワード、ウリナ中国語学院

番組の内容、画像、ナレーションの質は抜群なのですが、1つ問題があります。データ量が大きくて、インターネット事情があまりよくない中国からの視聴にいささかの障害があることです。関係者の皆さんがこの問題解決のために目下努力中なので、改善を期待しています。

日本国内からの視聴には問題ありませんので、皆さんにお勧めします。
★TSS「Japan in Motion」

クリックで応援してください  に参加中! ワンクリックお願いします。

テレビについてのブログを表示する.

PageTop

58.中国人社員にボーナスを与える    タイミング

年に1回、旧正月連休の前に出すのが一般的です。金額は当然その会社の業績や、当該社員の入社時期などの条件によって異なります。一般的には月給の1カ月分程度を期待しているケースが多いようです。

注意を要するのは「中国人の転職タイミングは旧正月連休明け直後が一番多い」ことです。休み前に給料もボーナスももらって田舎に帰った。そこで新年からは心機一転、もっと給料の良い職場を探そうか……と言ったところでしょう。経営者としてはたまったものではありません。対抗策として、ボーナスは休み前に渡すが、給与は休みが済んでから渡すところもあると聞いています。

頑張った社員に大目のボーナスを支給することはよくありますが、これにも注意が必要です。本人がこのことを周囲に吹聴し、他の社員の不満を引き起こすことが多いからです。これは昇給の場合も同じです。それぞれの社員のボーナスや給与の情報ははあっという間に全員に広がります。

対抗策として、「君はよく頑張ったので多めのボーナス(昇給)をあげます。しかし、もしこのことが他の社員に漏れた場合、没収する」と言って渡す会社があるそうですが、効果テキメンのようです。

ある日系会社の総経理が言っていましたが、「待遇に対する不満が一番多くなるのが昇給やボーナスの直後」らしいです。私も納得です。


クリックで応援してください  に参加中! ワンクリックお願いします。

PageTop

57.中国・大連の大学で翻訳の講義をしました

私は中国の大連で翻訳会社を経営しています。大連には日本語を専攻している大学生が多くいますが、「彼らに翻訳業界の話をしてほしい」という依頼をよく頂きます。

中国の大学は一般的に、卒業後の就職を考えたカリキュラム作りに力を入れています。企業の求める人材を育成しよう、という姿勢を強く感じます。学生の方も熱心で、本来は休みである土曜日に講義をしたのですが、対象となるほとんど全員の学生が参加してくれました。

講義では日本の翻訳業の歴史と現状、翻訳品質を維持することの大切さなどを話しました。ついつい「中国の学生の皆さん、頑張ってください」という内容になりました。本音は、このような話は日本の若い人に対してしたいと思っているのですが…。

ついでに私が書いた翻訳の参考書もプレゼントしてしまいました。

クリックで応援してください  に参加中! ワンクリックお願いします。

こちらもご覧ください。

PageTop