FC2ブログ

技術翻訳会社トランスワード          最新の中国経済ニュース

株式会社トランスワードが中国・大連に設立した子会社が中国の経済ニュースを日本語に翻訳し、中国の経済情報をいち早く皆様にお届けします。

72.中国で多発する現象とは・・・

中国は今、急速な経済発展のためエネルギーが不足し、停電も頻繁に発生しています。大連市内はそうでもありませんが、少し離れた大連の開発区では定期的ともいえる停電があり、工場の経営者は頭を悩ませているようです。

大連滞在中、私は市内のマンションに住んでいるので、停電はめったに経験しませんが、部屋の電球切れの頻繁さにうんざりしています。オフィスビルなどは蛍光灯が普及していますが、一般の家はどういうわけか電球が主流です。

中国の一般家庭への電力は220ボルトです。しかし、どうやらこの電圧の調整がうまくいっていないようで、電圧が高すぎることが原因と思われる電球切れが多く発生します。真夜中に起きて部屋の明かりをつけた途端、「パーーン」という音と共に電球が破裂し、周りに飛び散ることがあります。日本の場合、電球切れは中のフィラメントが切れて点灯しなくなるだけですが、中国の場合は電圧が高いせか、または電球の品質によるものかよく分かりませんが、切れた時に電球のガラス部分も派手に爆発することがあります。本当にびっくりします。

特におしゃれなデザインの電球はよく玉切れします。私の部屋の電球は既に半分くらい玉切れしていますが、まだ交換していません。それほど不便は感じていませんし、明かりの数を減らすことにより節電できるのでそのままにしています。中国の電力不足解消のためのお手伝いの気持ちです。

IMG_0064.jpg
玉切れしたままでも不便を感じない(?)部屋の電球

 に参加中! ワンクリックお願いします。

中国についてのブログを表示する.

スポンサーサイト



PageTop