FC2ブログ

技術翻訳会社トランスワード          最新の中国経済ニュース

株式会社トランスワードが中国・大連に設立した子会社が中国の経済ニュースを日本語に翻訳し、中国の経済情報をいち早く皆様にお届けします。

100.このブログもついに100個目の記事になりました。

このブログは今年の3月初旬に書き始め、4ヶ月目に入り、記事の数も100になりました。

私には3ヶ月の法則と言うのがあり、何を始めても3ヶ月で飽きてしまい、それ以上は続きません。昨年書いていたブログも3ヶ月弱で挫折してしまいました。このたびも「仲谷がまた始めたけど、これも3ヶ月が限度だろう。」と、冷ややかに見られている雰囲気を感じながら、これまでやってきました。

ところが、ところが、既に3ヵ月半が経過しました。私にしては快挙です。

でも正直に言うとこれには理由があります。
前回のブログは自分でメンテナンス(記事のアップロード)をしていたのですが、今回は他の人に全部お任せしています。私は記事を書いて写真を準備するだけです。メンテする人は仕事としてやっているので、記事の提出が遅れると厳しい催促があります。サボろうにもサボれない状況です。

当面この調子で書き続けようと思います。たぶん次のハードルは6ヶ月でしょう。そこまで続くかどうか、見守ってください。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

ブログについてのブログを表示する.


スポンサーサイト

PageTop

99.大連のミニタクシー

今では少なくなりましたが大連では普通のタクシーに加えて小型三輪のミニタクシーが走っています。事故に会った時危ないので私は利用したことはありませんが、地元の人はよく利用しています。

料金は基本的に運転手と交渉ですが、初乗り2元が相場との事です。ちなみに普通のタクシーは8元、バスは1元です。

「どんな人、または会社が経営しているのだろう?」と過去2年間、疑問に思っていましたが最近わかりました。

ずっと昔のことはわかりませんが、近年はこのタクシーの営業許可が貰えるのは何らかの身体的障害を持つ人だけだそうです。大連市による社会的弱者救済政策の1つのようです。

大連のミニタクシー
大連のミニタクシー

以上あまり自信はありませんが私の研究報告です。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

大連についてのブログを表示する.


PageTop

98.翻訳者の悩みの種、「英語の前置詞」

英語の前置詞の使い方が下手なのは日本人の学習者に限りません。中国人の英語学習者も前置詞で苦労しています。

特にONとOFF, WHILE とDURING, FORと AGAINST, OVER, ABOVE, UNDER, BELOW, INなどの適切な使い方が下手な人が多くいます。これは前置詞を日本語と対応させて覚えようとすることが原因です。前置詞は本来(原則)の意味をしっかり理解して使わなくてはなりませんが学校では教えていないようです。

例えば
The picture is on the wall. (その絵は壁にかかっている。)
のonは「~の上」ではありません。ONの元来の意味は「~に接している」、「くっついている」の意味です。

トランスワード発行の「テクニカルライティングと技術翻訳の秘訣」ではここら辺のことを詳しく解説しています。興味のある方は参考にしてください。
教本



にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

詳しくは『翻訳参考書マーケット』をご覧ください。
banner_honyakubook.jpg


PageTop

97.技術翻訳の社内勉強会を始めます。

トランスワードの社員は原則として当社スクールの卒業生です。つまりほとんど全員私の教え子です。一緒に勉強してきた仲間ですので翻訳に対する考え方、翻訳スタイル、文体、表記方法など、社内で統一ができているのが翻訳会社としてのわが社の強みになっています。

しかし長期間にわたり実務に携わり、各人が成長する過程で統一が乱れてくる可能性があります。今回の勉強会はその乱れを修正するのが目的です。

一番の問題点は原稿の内容により直訳すべき場合と、ある程度の意訳を必要とする場合があり、この見極めが大切で個人によって差が出てくるところである点。また一定の品質を保つための翻訳後のチェック段階でのチェック項目、チェックの丁寧さも統一を取らなくてはなりません。やるべきことがいっぱいです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

技術翻訳についてのブログを表示する.

PageTop

96.大連、勝利広場の名前の由来

勝利広場は大連で一番にぎやかなショッピングエリアです。大きなデパートがいくつもあるし、地下にも巨大なショッピング街があります。

「勝利」という名前からしてこのネーミングは戦争と何らかの関係があるのかな? と前から思っていました。「日露戦争で日本がロシアに勝利した記念」または「抗日運動で中国が日本に勝利した記念」のどちらかだと思い、いろんな人に聞いてみましたが、これまで明確に答えてくれる人はいませんでした。

そこでちょっと本気で調べてみました。まず日露戦争ですが、大連が旧満州の一部だった昭和10年代の地図を見ると、勝利広場はありませんでした。これで日露戦争とは関係ないということがわかりました。それでは抗日運動がらみかというと、そうでもないようです。

真意の程は確かではありませんが、現在の勝利広場は今から約10年前に「勝利ナントカ…」というデベロッパーが中心になって作ったそうです。「勝利」という言葉は基本的に中国人受けすることと、このときの業者がたまたま勝利ナントカだったのでこの名前になったようです。
以上、あまり自信はありませんが私の研究報告です。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

勝利広場についてのブログを表示する.

PageTop

95.パスポートのビザ欄ページを追加しました。

私のパスポートは2000年に交付され、期間が10年なのでまだ3年残っていますが、再三の中国訪問で出入国時に押してくれるスタンプ用ページがいっぱいになってしまいました。

解決策は二つです。ページを増やすか、またはパスポート自体を新しくすることです。ページを追加すると厚くなり、ポケットや財布に入れたときにかさばって不便です。期限を残して新しいパスポートを作れば余分な費用と手間が発生します。

迷いましたが結局手数料の2500円を払ってページの追加をしました。午前中に申請したらその日の夕方には出来上がりました。40ページ分の追加をしてもらったのですが、出来上がってみるとそれほど厚くなった感じはしません。これで暫く大丈夫です。

ページを追加したパスポート



にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

パスポートについてのブログを表示する.

PageTop

94.自動車業界の翻訳需要の変化

日本の自動車業界は世界的に競争力があるため、過去10年間の不況時代にもそれほどの翻訳需要の落ち込みはありませんでした。特に海外工場建設関連の書類の翻訳需要はずっと続いてきました。しかし最近はそれが落ち着き、今度は自動車エンジニア育成用の技術教科書の翻訳が増えています。

社員教育のためのドキュメント作りに力を入れるのはその企業の業績が良い証拠です。企業にとって社員教育は常に力を入れるべき大切なことですが、業績が悪くなったら経費削減のため、最初に削られるのが教育に関する経費になりがちです。

自動車業界がこの教育資料の充実に再度力を入れ始めたのは経営内容が良くなり、更なる成長のための資金的余裕が出たことを意味します。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg


PageTop

93.中国の本の値段の相場は?

トランスワードでは翻訳の参考書(翻訳教本)を発行・販売しており、将来は中国でも販売したいと思っています。日本ではこの種の専門書は発行冊数が限られているので、数千円以上の値段で売られています。中国では幾らくらいで売れるのだろうか? と思い、少し調べてみました。

調べた結果、中国で販売されている本はかなり安く、ずいぶん分厚い専門書でも20~30元で売られています。しかし、紙質はかなり悪く、失礼ながら「安く作ったな」という感じを受けます。当社の翻訳参考書は基本的に1回に1000部しか印刷しませんので、印刷代だけで上記の値段の7~8割かかってしまいます。中国で売るためにはかなりの工夫が必要です。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg



PageTop

92.トランスワードの中国語講座

当社では英語の翻訳講座に加えて中国語教室もあります。最近の語学学習は英語に替わって中国語の人気が急上昇中です。初級、中級、上級のクラス分けに加え、個人授業にも対応しています。

20070528011710.jpg
トランスワード・ウリナ中国語学院のメンバー

日本人は一般的に外国語の学習は苦手ですが、中国語は漢字を使っている点でわりとスムーズに入れるようです。また、中国語は基本的に英語の語順(文法)と似ているので英語ができる人は中国の上達も早い傾向があります。

皆さんも一緒に中国語をものにしましょう。
★トランスワード・ウリナ中国語学院

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

PageTop

91.中国の住宅に多いトラブルとは!?

中国は基本的に不足の国です。どこに行ってもが不足しています。日本では贅沢をする表現として「お金を湯のように使う」と言いますが、中国ではは貴重品です。

このような背景が影響しているのでしょうが、中国では家庭でも大量のを惜しげもなく使う習慣がありません。このため新しい住宅でも周りの設計が貧弱な場合が多くあります。浄水や下水の水漏れトラブルも多く発生します。

通常の水漏れトラブルに加え、大連でよく経験するのが暖房用の温水漏れトラブルです。北京や大連などの寒い地域では集合住宅のほとんどは温水によるセントラルヒーティングを導入しています。これはビル単位ではなく、町単位で行なっており、町全体に暖房のための温水パイプがはりめぐらされています。ビルの中にも温水パイプが配管されていますが、このパイプの水漏れが頻繁に起こります。

この水漏れが起こると自分の部屋のフロアーが水浸しになるだけでなく、階下の部屋にも影響します。これを全て復旧するのは大きな工事になってしまいます。もし、些細な水漏れでも発見したら、すぐに修理の手配をしましょう。

 に参加中! ワンクリックお願いします。

中国についてのブログを表示する.

PageTop

90.○の乳からできた酒!?

わが社の会議室兼、翻訳教室兼、中国語教室にはいつも馬乳酒が置いてあります。中国の内モンゴル自治区でできた馬乳からできたお酒です。

20070528011251.jpg
馬乳からできたお酒「馬乳酒」

わが社の中国語の講師は内モンゴル自治区の出身なので、彼女が宣伝用に置いています。

おいしい、悪酔いをしない、体に良い、飲むと目が良くなる、などが宣伝文句です。「モンゴル族は遊牧民なので遠くの羊を見つけるための良い目が必要、だからこの酒を飲んで目を良くしています」と言われると信じたくなります。実際に私も愛飲していますが、確かに体に良いような気がします。

この酒は広島の中央酒販という会社で扱っています。私はこの会社に特別の恩義はありませんが、たまたまわが社にあったので紹介します。

馬乳酒についてのブログを表示する.



PageTop

89.中国旅行のお土産に!

大連でも来年のオリンピックムードが高まっています。街には北京オリンピックマスコットのキーホルダーや人形が出回っています。

IMG_0076.jpg

写真はキーホルダーのセットですが、デパートで買えば日本円で1万円くらいします。が、ここは中国。偽物(似せ物)も出回っています。値段は1/10くらいです。
中国旅行のお土産におすすめめです(もちろん、本物を買ってくださいね)。

 に参加中! ワンクリックお願いします。


PageTop

88.大連では飲み水が大量に必要!

大連は飲めません。ホテルに滞在する場合は事前にコンビニなどで飲みを買っておくほうがよいでしょう。それと冬場は湿度が極めて低いので、よく喉が渇きます。日本で飲む量の2倍以上のを準備しておきましょう。

IMG_0072.jpg
飲料用のタンク

長期滞在する場合、写真のような大型タンクを買います。本体は数百元で温も出るタイプが主流です。水の入ったタンクは水屋さんに注文して持って来てもらいます。値段は10~15元程度です。これに加え、最初にタンクの保証料として40~50元くらい必要になるケースもあります。

このタンクの水はそのまま飲んでも大丈夫だということになっていますが、私は念のため日本から持って来たフィルター式の浄水器を通して使っています。

 に参加中! ワンクリックお願いします。

PageTop

87.中国便のマイレージカード

私は2年半前に中国に頻繁に行くようになって以来、広島・大連間に就航している2つの航空会社(中国国際航空中国南方航空)のマイレージ会員になっています。月に1~2度往復するので、すぐにマイレージがたまり、無料の航空券がもらえるだろうと思っていたのですが、なかなかたまりません。

IMG_0134.jpg
2つの航空会社のマイレージカード

理由は広島・大連間は意外とマイレージが少ないのと、無料の航空券をもらえる必要マイル数がJALなどに比べると2倍以上であることです。先日やっと国際航空で1度だけ無料の航空券をもらいました。南方航空の方はまだまだのようです。国際航空の方は南方航空に比べて航空券が若干高めですが、その代わりマイルがたまりやすい計算方法を使っているようです。

無料航空券といってももらえるのは基本の航空券だけで、空港使用料や悪名高い追加燃料費など(計1万円くらい)は自分で負担しなくてはなりません。

中国便に関してはマイレージカードの恩恵にあずかれるのは容易ではありませんが、辛抱強く毎回マイレージ登録しています。

 に参加中! ワンクリックお願いします。

中国 マイレージについてのブログを表示する.

PageTop

86.技術翻訳を勉強中の人へいち押しの参考書

私が生まれて初めて書いて出版したのが『テクニカルライティングと技術翻訳の秘訣』です。すでに10年が経ちますが、内容は最新だと自分では思っています。このたび、4回目の増刷をしたのでご案内します。

教本私が翻訳会社を経営する中で品質と翻訳スタイルの基本にしているのがこの教本の内容です。また、翻訳教室で教えている内容も全てこの本を基本にしています。

まだの人はぜひとも買って読んでください。

『テクニカルライティングと技術翻訳の秘訣』【翻訳参考書マーケット】でお求めになれます。






にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg





PageTop

85.大連の一大産業とは!?

大連では結婚記念の写真屋は一大産業です。結婚するカップルは3,000から15,000元くらいのお金を写真にかけるそうです。写真屋さんは街のあちこちで見かけます。大きなデパートでは結婚式のショーを開催し、見込み客を呼び込んでその場で説明会をしています。

IMG_0074.jpg IMG_0067.jpg
左の写真が結婚式のショー、右は結婚記念写真の見本

結婚だけでなく、若いときの記念に自分の写真集を作る人も多くいます。大連の写真屋さんはとても腕が良く(修正技術が高く?)、誰でもとびきりの美人に写してもらえるようです。そんな写真を自分の携帯電話の待ち受け画面にしている人も多くいます。

日本から来た観光客の女性もこの種の写真を撮って帰る人がいます。値段の相場は2,000~3,000元くらいだそうです。

 に参加中! ワンクリックお願いします。

中国 ビジネスについてのブログを表示する.

PageTop

84.大連でよく見かけるものの正体は?

空港やデパートなどで携帯電話の充電機を見かけます。1元で15分間の充電ができるそうです。機械の下部から異なったコネクタの付いた多くのケーブルが出ており、自分の電話機に合うコネクタを差し込んで充電する仕組みになっています。

IMG_0069.jpg
携帯電話の充電機

この充電機はよく見かけますが、実際に充電している人を見たことはありません。大連のわが社の社員十数人に聞いてみましたが、使ったことがある人はいませんでした。誰が設置したのか分かりませんが、多分この充電機はほとんどお金を稼いでいないと思います。

 に参加中! ワンクリックお願いします。

大連についてのブログを表示する.

PageTop