FC2ブログ

技術翻訳会社トランスワード          最新の中国経済ニュース

株式会社トランスワードが中国・大連に設立した子会社が中国の経済ニュースを日本語に翻訳し、中国の経済情報をいち早く皆様にお届けします。

東軟集団と大連華信が合併へ

東軟集団と大連華信が合併へ
―中国最大のアウトソーシング企業誕生―
 上海証券取引所上場のソフトウェア・アウトソーシング企業、東軟集団は2月16日夜、重要事項発表と売買停止を公告した。公告によると、東軟集団は大連華信計算機技術(大連華信)と合併に向けた話し合いを進める。これを受け、東軟株は翌17日から売買停止となった。
 18日付大連日報によると、東軟集団はすでに大連華信と初歩的な話し合いに入っており、両社は合併して資産を再編する。
 東軟集団は1991年の設立で、中国最大のITソリューション企業。業界向けソリューション、オフショアウトソーシング、デジタル医療、IT教育トレーニングなどを手掛け、従業員は1万5000人を超える。東軟集団のオフショアアウトソーシング業務の最大の顧客は日本となっている。東軟集団は昨年、上海証取に全体上場を果たしている。
 一方、大連華信は1996年の設立で、資本金は1億5000万元。日本向けソフトアウトソーシング業務が営業収入(売上高)の75%を占める。大連華信は06年と07年、CCIDの国内アウトソーシングサービス企業番付で第2位にランクインした。従業員は約4000人。
 東軟集団と大連華信の合併により、中国最大のソフトウェア・アウトソーシング会社が誕生すことになる。



にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。



▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg

スポンサーサイト



PageTop

320. 大連工場予定どおり―ボルグワーナー

大連工場予定どおり―ボルグワーナー

―ダブルクラッチ・モジュールなど生産―

金融危機で世界の自動車産業が大きな影響を受ける中、自動車変速システム大手の米ボルグワーナーは、大連に建設中の世界トップクラスの自動変速装置プロジェクトへの投資を減らさず、予定通り建設を進めていく方針だ。2月13日付大連日報が報じた。
 ボルグワーナーは昨年11月、中国中発聯投資と合弁でダブルクラッチ・トランスミッション(DTC)を生産する「博格華納双離合器伝動系統有限公司」を大連開発区に設立した。総投資額は約2億米ドル、2011年の操業開始を見込んでいる。同公司はダブルクラッチ・モジュールなど年間50万セットを生産する。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。



▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg

PageTop