FC2ブログ

技術翻訳会社トランスワード          最新の中国経済ニュース

株式会社トランスワードが中国・大連に設立した子会社が中国の経済ニュースを日本語に翻訳し、中国の経済情報をいち早く皆様にお届けします。

322.夏季ダボス再び大連で

夏季ダボス再び大連で
―永久開催地を目指し取り組み―

 世界経済フォーラム(WEF)の「夏季ダボスフォーラム」が今年9月10―12日の3日間、再び大連で開かれる。これを受けて大連市は、政府工作報告書の中で、「大連市は全市を挙げて夏季ダボスの準備を怠りなく進め、大連が夏季ダボスの永久開催地となるよう積極的に取り組み、大連を国際化の新しいプラットフォームになるよう努力していく」と提言している。
 大連市の戴玉林副市長は、「今年の夏季ダボスは、前2回に比べ参加者の規模を10%増やすよう努める」と述べ、昨年から2009年夏季ダボスに向けた準備作業に着手したことを明らかにした。世界500傑企業から200社、国際的に著名な企業の最高経営責任者(CEO)などの参加を求めていく考えだ。
 半島晨報によると、昨年から大連では高級ホテルの開業が相次いでいる。すべて、今年の夏季ダボスを迎えるためだが、永久開催地を目指す大連にとって重量級の重みが加わった。昨年11月、大連国際会議センター・プロジェクトの定礎式が行われた。完成すれば多機能会議センターとして、夏季ダボスを開催できる条件が整うことになる。



にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。



▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg

スポンサーサイト



PageTop