FC2ブログ

技術翻訳会社トランスワード          最新の中国経済ニュース

株式会社トランスワードが中国・大連に設立した子会社が中国の経済ニュースを日本語に翻訳し、中国の経済情報をいち早く皆様にお届けします。

331.レストラン飲食業が試練に直面

レストラン飲食業が試練に直面
―客減り、給料下がる―
 春節(旧正月)の終わりから5月1日(労働節)まで、大連のレストラン飲食業はだいたい不景気だが、今年はさまざまな要因で厳しさの度を増している。
 新商報によると、レストラン飲食業では適当な店員が見つからず、またスター級ホテルでは外国人客やビジネス客の減少が目立ち、順番に休暇を取って給料を下げるなど合法的な方法で支出の削減に取り組んでいる。
 山東路近くの料理店では、昨年12月から「月給1000元、住み込み」で店員(服務員)を募集、3ヵ月以上経ったが応募者は極めて少ない。応募があっても、多くのアルバイトが店員の仕事は“腰掛け”と見なしている。大連市のレストラン飲食業の70%が慢性的なアルバイト不足に悩んでいるという。
 収入が安定し、福利制度が整ったスター級ホテルも、今年は未曾有の困難に直面している。ある3つ星ホテルの人事マネジャーは、「金融危機の影響で宿泊客は前年同期に比べ10%近くも減っている」とぼやく。市美食文化協会の幹部も「今年はアルバイトの農民工も極端に少ない」と泣きっ面にハチの態だ。



にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。



▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg

スポンサーサイト



PageTop

330. 電子情報産業振興策も決まる

電子情報産業振興策も決まる
―大連市、情報産業で倍増を目指す―
 中国国務院は2月18日常務会議を開き、電子情報産業調整振興計画を決めた。今後3年、電子情報産業分野で6大重点プロジェクトを確立するとしている。
 6大プロジェクトは、(1)IC(集積回路)産業技術水準と生産能力の向上(2)フラットパネル産業のグレードアップとカラーテレビ工業のシフト(3)中国独自の3G(第三世代移動通信)であるTD-SCDMA産業の整備(4)デジタルテレビの普及応用と産業チェーンの建設(5)コンピューターと次世代インターネット応用(6)ソフトおよび情報サービスの育成。
 米インテルは2007年、大連にアジア最大のチップ製造工場の建設を発表した。これは中国IC分野で唯一の世界レベルのプロジェクト。12インチウエハー、65ナノテクノロジーの生産ラインを備える。
 ソフトおよび情報サービス育成は、大連市の有力産業となっており、2月初め大連市は国家アウトソーシング・モデル20都市の一つに選ばれた。大連市の電子情報産業は国内をリードし、国際先端レベルにある。これら重点プロジェクトをよりどころに、大連市は2011年までに電子情報産業分野の規模を、08年の2倍の2000億元に持っていく計画だ。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。



▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg

PageTop

329. 軽工業・石化産業の調整振興策を決定

軽工業・石化産業の調整振興策を決定
―軽工業品の還付税率を引き上げ―

 中国国務院は2月19日開いた常務会議で、国内軽工業と石油化学産業の調整振興計画を決定した。また家電振興計画の「家電下郷」(家電を農村へ)をいっそう推し進めていくことも決めた。新華社通信が伝えた。

 会議では、軽工業振興のため総合的な対策が必要との認識が示され、(1)都市消費の拡大(2)技術進歩の加速化(3)食品安全の強化(4)自主ブランド建設の強化(5)産業政策ガイドラインの強化(6)企業管理の強化―などを進めていく。また、一部軽工業製品の輸出還付税率の引き上げ、家電下郷では補助品目を増やし、電子レンジと電磁調理機を補助金の対象とする。

 一方、石油化学産業の振興については、石化製品市場の安定を図ると同時に、産業構造の調整を加速し、産業配置の最適化を進める。そのために(1)産業の穏やかな運営維持(2)農業用物資の支援業務能力の向上(3)重要プロジェクトの統一配置と技術改造の強力推進(4)総量規制と立ち後れた生産能力の淘汰(5)政策支援の強化(6)企業の管理構造の改善―などを図っていくとしている。



にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。



▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg

PageTop

328. 広東省でも旅行消費券を無料配布

広東省でも旅行消費券を無料配布
―4億元の経済収入見込む―

広東省の大手旅行会社、南湖国旅・西部暇期は、国内大手航空会社と有名観光地と提携し、広東省旅行業初めてとなる旅行消費券の無料配布を開始した。この旅行消費券は、額面100元で20万枚、計2000万元分を配布することにしている。広州市の55歳以上の年配者が一人一枚受け取ることができ、有効期限は4月30日まで。

中新網によると、成都や杭州などの都市でも、消費促進のため旅行消費券を配布しているが、これについて商務部の姜伟副部長は「特殊な状況下でやってもいい選択」と評価した。

南湖国旅の陳志超副総経理は、「もしもこの20万枚の消費券が全部回収できたとすれば、旅行業界に20倍の経済効果をもたらし、直接の経済収入は4億元に達する。関連産業に17億元の収入増をもたらす」とそろばんを弾いている。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。



▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg

PageTop