FC2ブログ

技術翻訳会社トランスワード          最新の中国経済ニュース

株式会社トランスワードが中国・大連に設立した子会社が中国の経済ニュースを日本語に翻訳し、中国の経済情報をいち早く皆様にお届けします。

360.自主ブランド車の売れ行き躍進―2月

自主ブランド車の売れ行き躍進―2月
=トップ10に4車種=

 中国汽車工業協会(中汽協)は3月11日、2月の国内自動車販売ランキングを発表した。最も人気の10車種のうち自主ブランド車が4車種を占め、中汽協が統計を取り始めて以来の最高を記録した。2月の自主ブランド乗用車の販売台数は13万1700台で、全体の販売台数の31%を占めた。

 トップ10に入った自主ブランド車は、F3(比亜迪=BYD)1万4200台(3位)、QQ(奇瑞=チェリー)1万2800台(5位)、シャレード(天津一汽)1万2000台(7位)、自由艦(吉利)9700台(10位)。これに駿捷(華晨=ブリリアンス)を加えた販売台数は5万6900台で、自主ブランド乗用車全体の43%を占めた。

 中汽協の熊伝林副秘書長によると、自動車購入税(購置税)の減免措置を受け、排気量1600cc以下の自主ブランド小型車に人気が集まり、躍進につながった。2月の販売台数トップ10のメーカーは順に、上海大衆(フォルクスワーゲン)、一汽大衆、上海通用(GM)、北京現代、奇瑞、一汽トヨタ、東風日産、比亜迪、吉利、長安フォードだった。

スポンサーサイト



PageTop

359. 北京市が固定献血者制度導入へ

北京市が固定献血者制度導入へ
=20万人規模目指す=
 固定献血者制度の導入を目指す「北京市無償献血管理弁法(草案)」のパブリックコメント募集が3月15日から始まった。同草案は(1)固定献血者制度(2)ボランティア献血予備隊(3)特殊血液型市民データバンク(4)応急アラートメカニズム―の構築を趣旨としている。
 同草案によると、この無償献血制度に参加した人は、10年以内であれば献血した血液の5倍、それ以降は献血量の2倍を利用できる見通しだ。現行規定では、無償献血者は5年以内なら献血量の5倍、5年以降は献血量と同じ量の血液が無料で利用できる。
 北京赤十字血液センターによると、北京市は20万人の固定献血者チームを作り上げたい意向。北京市ではこの3年に2回献血した人は6万人を数える。また、四川大地震、北京オリンピックでは22万人の献血登録があり、北京市の初めての試みとなる固定献血者20万人構想は、これら28万人をベースに誕生することになりそうだ。



にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。



▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg

PageTop