FC2ブログ

技術翻訳会社トランスワード          最新の中国経済ニュース

株式会社トランスワードが中国・大連に設立した子会社が中国の経済ニュースを日本語に翻訳し、中国の経済情報をいち早く皆様にお届けします。

373.大商集団が延吉市に進出

大商集団が延吉市に進出
=ニューファッションの「千盛」を出店=
中国小売大手の大商集団は3月26日、吉林省延吉市にファッションデパート「千盛購物広場」を開業させた。大商集団が少数民族地区にこの種のデパートを開設するのは初めて。大商集団は2006年1月、ニューファッションをコンセプトとする千盛百貨連鎖集団を設立している。
 延吉市の千盛購物広場の営業面積は5万平方メートル。大商集団は優勢なブランド力を背景に、延吉市の高級ブランド市場の空白を満たすことになる。千盛百貨はすでに全国15地点に千盛購物広場を出店済み。
 大商集団はすでに、スーパーマーケットの新瑪特(ニューマート)、高級スーパーの麦凱楽(マイカル)のチェーン店を全国展開している。



にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。



▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg

スポンサーサイト



PageTop

372. 東星航空が破産の瀬戸際

東星航空が破産の瀬戸際
=欠損5億元、給与も払えず=
 
武漢市を本拠とする民営航空会社、東星航空(ESA)が5億元の欠損を出し、自力での再建が困難となっている。これを受け、武漢市政府が解決に乗り出した。新京報が伝えた。
 
明らかになったところによると、米GEコマーシャル・アビエーション・サービスなど6社はリース代金の不払いを理由に、武漢市中級人民裁判所に東星航空の破産の申し立てを行った。雑誌「財経」によると、東星航空は15日から運航停止に追い込まれている。
 
武漢市交通委員会によると、東星航空は現在、パイロットを含む従業員の給与も支払えない状態で、人心不安が生じている。湖北省航空業界に詳しい筋は、「武漢市政府は運航停止を機に、中国航空集団の東星航空買収が進展することを望んでいる」との見方を示した。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。



▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg

PageTop

371.大学生33万人中30万人が無就職状態

大学生33万人中30万人が無就職状態
=内定率わずか8.45%―広東省=

 今年7月に卒業する広東省の大学生33万人のうち30万人が、まだ就職先が決まっていないことが明らかになった。省教育庁が発表した最新の就職状況によると、2009年3月1日現在、省内の大学新卒者の内定率は8.45%で、昨年に比べ50%以上落ち込んだ。就職口が見つかったのはわずかに2万8000人で、30万人以上の学生たちがいまだに就職先を見出せないでいる。

 3月19日付金羊網によると、省大学生就職指導センターはこれまでに36回もの就職説明会を開催したが、参加企業の質、量ともに明らかに低下してきている。金融、経済、不動産などの企業が大幅に減り、企業数も前年に比べ20%以上減少、求人数も20%以上減っている。求職者数の大幅増に対し、求人数の大幅減という矛盾が浮き彫りになっている。

 具体的に内定率を見てみると、3月10日現在、本科生が7.61%、専科生8.43%、研究生14.87%と、研究生の内定率が最も高かった。

PageTop