FC2ブログ

技術翻訳会社トランスワード          最新の中国経済ニュース

株式会社トランスワードが中国・大連に設立した子会社が中国の経済ニュースを日本語に翻訳し、中国の経済情報をいち早く皆様にお届けします。

375. 都市流通競争力トップは上海

都市流通競争力トップは上海
=大連は第7位にランクイン=

 中国人民大学流通研究センターと中商流通生産力促進センターは3月26日、共同で「中国都市流通競争力レポート」を発表した。内地の33大中都市の流通競争力を比較しランク付けした。新華社によると、この種のランク付けは初めての試み。
 都市流通競争力は一種の総合指数システムで、分散流通規模、流通構造、流通密度、流通施設、流通効率、消費者満足度、流通貢献度、流通輻射度、流通成長力の9つの角度から、116の指標を使って都市の流通分野における各側面の競争力の優劣を測った。
 総合指数が高かった上位10都市は、上海、広州、北京、天津、重慶、青島、大連、深セン、武漢、成都だった。
 全国政協の黄海委員は記者会見で、「中国の消費の3分の2は都市部で消費されている。内需を拡大して消費を促進するという状況の中、都市流通生産力のグレードアップはもっと重視する必要がある」と述べた。今回の調査で、「都市流通競争力評価目標システム」は都市発展の特徴にほぼ即していることが分かった。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。



▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg

スポンサーサイト



PageTop

374. クラウドコンピューターセンター計画

クラウドコンピューターセンター計画
―IBM副総裁が夏大連市長を表敬―

 金融危機の影響にもかかわらず、IBMは大連の先行きは明るいと見ている。IBMの王陽グローバル副総裁(中国開発センター総経理)は3月19日、夏徳仁大連市長を表敬訪問し、大連をIBMの発展基地として、発展レベルをさらに引き上げていく方針を明らかにした。
 IBMは2003年、大連高新区(ハイテクノロジー区)に進出し、大連子会社はIBMの世界サービスセンターになっている。IBMは高新区にソフト養成学院を創設する予定だ。王副総裁は、IBMソフト養成学院の進展状況を説明し、クラウドコンピューターセンター・プロジェクト、ソリューション実験室などの大連進出について夏市長と意見を交換した。
 夏市長は、大連には20以上の大学があり、人材が集中し、IT産業の潜在力がある都市だと説明。IBMの大連で発展を全面サポートしていく考えを示した。これに対し王副総裁は、「IBMは大連の発展を充分信じている。世界でいちばんいい資源を大連に持ってくる」と応えた。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。



▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg

PageTop