FC2ブログ

技術翻訳会社トランスワード          最新の中国経済ニュース

株式会社トランスワードが中国・大連に設立した子会社が中国の経済ニュースを日本語に翻訳し、中国の経済情報をいち早く皆様にお届けします。

131.翻訳作業のコスト計算の方法

社内で翻訳作業を行う場合、それぞれの仕事のコスト計算を行い、利益率を把握しておくことが大切です。コスト計算結果を反省材料にし、将来の効率アップへの手段を考えます。

翻訳のコストはその仕事に費やした時間に基準単価を掛けたものです。基準単価はその人が1時間働いたときに稼ぎたい金額であり、全経費を労働時間で割ったものです。但し、全ての労働時間を実際の翻訳作業に当てているわけではないので適切な稼働率(%)を考慮します。当社の場合は70%程度です。

仕事を外注に出した場合、外注コストと社内コストの合計が合計コストになります。
例えば外注コストが50万円、社内作業時間が100時間だとすると、基準単価が3000円の場合以下のようになります。

外注コスト:50万円
社内コスト:100時間 x 3000円 = 30万円
合計コスト:80万円

クライアントへの請求額が80万円以上だと利益が出たことになり、80万円未満だと赤字の仕事だと言えます。

翻訳ビジネスを上手く運営するにはきめ細かいコスト計算を行い、常に適切な対応をしなくてはなりません。当社の業務管理ソフト「効率課長」ではこのコスト計算が自動的にできるようになっています。



にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する