FC2ブログ

技術翻訳会社トランスワード          最新の中国経済ニュース

株式会社トランスワードが中国・大連に設立した子会社が中国の経済ニュースを日本語に翻訳し、中国の経済情報をいち早く皆様にお届けします。

312. 大連―羽田間に直行便開設へ

大連―羽田間に直行便開設へ
―3月から大連空港拡張工事―

 大連国際空港(周水子空港)の胡志安総経理は1月8日、空港第3期拡張工事が今年3月に始まり、2010年末前に完成する見通しであることを明らかにした。同工事か完成すれば、年間1600万―1800万人の旅客取扱量を満たすことになる。
 新商報によると、大連空港は空港輸送の発展スピードに遅れ、乗り換えカウンターが少なく、乗り換え客にとってきわめて不便。空の玄関口として、乗り換え需要を満たす必要がある。拡張工事は、エプロンの拡張から着工し、貨物輸送、宅配便、保税の3機能区を含む空港物流園の工事も開始される。総投資額は20億―30億元。
 これと並行し、遼東半島東部の黄海上にある離島、長海県(長山列島)の空港拡張工事を進め、観光リゾート経済の発展を狙う。滑走路を1800メートルに延長し、幹線、ローカル線の中小型機が離発着できるようにする。建設費4億―6億元を見込んでいる。
 また、大連空港は今年を国際路線拡大のチャンスと捉え、羽田空港とを結ぶ新航空路を開設する計画で羽田空港側と交渉を進める。これが実現すれば、羽田―大連間は2時間半で結ばれることになり、日中間の「日帰り経済」モデルを作り上げることが可能だ。


にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。

▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する