FC2ブログ

技術翻訳会社トランスワード          最新の中国経済ニュース

株式会社トランスワードが中国・大連に設立した子会社が中国の経済ニュースを日本語に翻訳し、中国の経済情報をいち早く皆様にお届けします。

もらってもいいの? 100元消費券

もらってもいいの?100元消費券
―民間の“金券”発行にクエスチョン―

 広東省広州市の旅行会社、南湖国旅・西部假期が2月16日、市内の55歳以上の年配者を対象に100元の旅行消費券を配布した。発行枚数は20万枚、総額にして2000万元にもなる。この旅行券の配布に対し市民の間からは、「企業が“金券”を配ってもいいの?」という素朴な疑問が湧き上がっている。

 これについて、ある政府管理部門の法規担当者は、「詳しい状況が分からないのでなんともいえないが、国が発行する消費券は国庫から拠出する現金補助」とその違いを明確に指摘する。多くの市民にとって南湖国旅の旅行消費券は、デパートの販促ツールのようなものと映っているようだ。

 中新網によると、中国は1995年、通貨流通の混乱を防ぐため、「いかなる事業所、個人も人民元に代わる金券を印刷、販売してはならない」と明文化。さらに2005年には人民元管理条例を公布し、「各種ショッピング券、金券は違法行為」と規定している。しかし、例えこの種の金券の発行を禁止したところで、テンポの速い社会では次から次へと似たようなものがすぐに出現する。法律の不備もあって取り締まりができないのも事実だ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する