FC2ブログ

技術翻訳会社トランスワード          最新の中国経済ニュース

株式会社トランスワードが中国・大連に設立した子会社が中国の経済ニュースを日本語に翻訳し、中国の経済情報をいち早く皆様にお届けします。

335. アップルと聯通が合意に近づく

アップルと聯通が合意に近づく
―今年5月にも中国でアイフォン販売―

 英コンサルティング会社オバムは2月24日、米アップルと中国第2のキャリア中国聯通(チャイナユニコム)の協力が合意に近づき、早ければ今年5月にも3G(第三世代携帯電話)版アイフォンが中国で発売されようとの見通しを明らかにした。新浪科技が外国メディアの報道として伝えた。

 3G版アイフォンの中国市場進出は既定事実で、アップルは中国最大のキャリア中国移動(チャイナモバイル)と2年にわたるロングラン交渉を続けてきたが合意には至っていない。アップルは交渉相手を聯通に切り替えるだろうとうわさされるなか、オバムは、「アップルと聯通はすぐにも協力合意するだろう」と指摘している。

 アップルの3G版アイフォンはWCDMA技術を採用している。聯通のデータ網もWCDMAを採用することになっている。これに対し、中国移動は中国独自の3GであるTD―SCDMAを採用することになっているため、携帯電話をTDに改造するには相当の代価を支払わなければならない。しかし、これは決定的な障害というわけではない。アップルが中国移動との協力に終止符を打ったのは営業収入の分配で合意できなかったため、とオバムは伝えている。








にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ に参加中! ワンクリックお願いします。



▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009年03月03日(Tue)14:59 [EDIT]