技術翻訳会社トランスワード          最新の中国経済ニュース

株式会社トランスワードが中国・大連に設立した子会社が中国の経済ニュースを日本語に翻訳し、中国の経済情報をいち早く皆様にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

450. 日本の自動車メーカー、中国市場に軸足

日本の自動車メーカー、中国市場に軸足
=生産能力引き上げ、販売網拡大=

 日本の各大手自動車メーカーは最近、中国での生産能力の引き上げや販売網拡大などの措置を次々と打ち出し、発展の重点を中国に移しつつある。

 トヨタ自動車は、中国第一自動車(一汽)、広州自動車(広汽)との合弁工場でSUV(スポーツユーティリティ車)の生産を決定したほか、2010年からハイブリッド車を生産する計画だ。

 また、日産自動車は湖北と広州の生産基地の生産能力を引き上げる一方で、年末前に販売拠点を360ヵ所から380ヵ所に増やす。さらにホンダ自動車は武漢工場の年産能力を12万台から20万台に引き上げ、年末前に販売拠点を12%増やし760ヵ所とする計画。

 このほかマツダ、スズキ、富士重工、三菱自などのメーカーも新型車の投入や販売網の拡大を通し、中国での生産能力と販売網を強化する方針を示している。

 現在、中国の自動車販売台数は世界の20%を占め、さらに拡大を続けている。中国の自動車市場は世界の自動車メーカーの主戦場になっており、今後日本、欧米、中国の自動車メーカーの三つ巴の競争が激化することが予想される。


▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。