技術翻訳会社トランスワード          最新の中国経済ニュース

株式会社トランスワードが中国・大連に設立した子会社が中国の経済ニュースを日本語に翻訳し、中国の経済情報をいち早く皆様にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

468.中国電信と福建省が戦略協定

中国電信と福建省が戦略協定
=500億元を投入し物資調達=
 福建省政府と中国電信集団(チャイナテレコム)8月20日、北京で「海峡西岸経済区の建設を共同で推進する戦略協力フレーム協定」に調印した。今後5年間、中国電信は福建省に資金を投入し、500億元以上の物品を調達する。また、関連企業に1500億元を投入し、可能な限り引っ張り上げ、共同で10万人以上の就業機会を創出する。
 協定によると、福建省政府が主導し、中国電信が主宰するモデルを採用、5-10年かけて、福建省に世界最先端レベルの「海西泛在網」を率先して設立する。両岸交流協力のために全方位の総合情報サービスを提供し、福建省と台湾の情報産業を深く結合させていく。
 中国電信は海西泛在網のインフラ建設と情報通信技術応用に重点投資するといわれる。
 海峡両岸交流の特殊なニーズを満たすため、双方は積極的に「両門」(厦門、金門)との海底ケーブル直結、海峡ネットワークのカバー、海峡通信センター、海峡通信合作試験区と海峡BPOコールセンタなどのプロジェクト建設を推進する。
 双方はまた、海西泛在網を中心とする産業コロニーを推進することにしている。アニメゲーム、インターネットおよび通信マルチメディア業務、ソフト製作、システム統合、設備製作、BPO、電子部品製作、LED産業、コンピュータ生産、移動端末生産など十大分野の競争力のある企業を重点的に誘致していく。






▼こちらもご覧ください!
banner_honyakubook.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

直してみます

 福建省政府と中国電信(チャイナテレコム)は8月20日、北京で「海峡西岸経済圏建設の共同推進に関する戦略的協力枠組協定」に調印した。向こう5年間、中国電信は福建省に資金を投入し、500億元以上の物品を調達することになった。また、関連企業に1500億元を投入し、可能な限り引っ張り上げ、10万人以上の雇用機会を創出する方針だ。

通りかかり | URL | 2009年08月22日(Sat)08:02 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。