技術翻訳会社トランスワード          最新の中国経済ニュース

株式会社トランスワードが中国・大連に設立した子会社が中国の経済ニュースを日本語に翻訳し、中国の経済情報をいち早く皆様にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2011上海モーターショー開幕 国内外から2000の自動車が上海に集結

第14回の上海国際汽車工業展覧会が上海国際博覧中心で開幕した。中国国内に加え、世界中の20の国と地域の2000の自動車メーカーが上海モーターショーに集結した。今回は上海モーターショー史上最大であり、同時にもっとも影響力のある世界規模のモーターショーの一つであるといえる。

今回の上海モーターショーの展示規模は23万㎡で、上海新国際博覧センターの全13室の展示場および屋外の臨時展示場と屋外展示場を使用した。展示場の配置を見てみると、まず乗用車は11館(W1~W3、E1~E7およびN5)と、前回に比べて2館増え、自動車部品は室内の2館(W4~W5)及び屋外の22の臨時展示場である。このほか、屋外には商用車展示エリアが設置されており、タイヤ、オーディオ展示エリア、メディア参加エリアやプレスセンター、レストランエリア、休憩室や医務室などの機能エリアとサービスエリアである。

日程は、4月19日、20日はメディアデー(国内外のマスコミに公開)、4月21日、22日は業界関係者のみ観覧可能、4月23日から28日まで一般公開となっている。

モーターショーが公式発表した情報によると、今回の上海モーターショーは中国国内に加え、世界中の20の国と地域から2000の自動車メーカーが出展し、過去最多の1100車種の自動車が展示された。世界で初公開されたのは75車種で、そのうち中国外のものが19車種、国内は56車種である。今回のモーターショーは70万人の来場が見込まれている。

「渋滞大国 中国―自動車の創新と未来」をテーマに掲げ、ネットユーザーに最新かつ最も権威のある上海モーターショーのニュースをリアルタイムで提供し、同時に一歩踏み込んで自動車大手企業及び専門家に取材し、ともにこの渋滞時代と自動車工業の行く末について考える。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2011年05月07日(Sat)14:10 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。