技術翻訳会社トランスワード          最新の中国経済ニュース

株式会社トランスワードが中国・大連に設立した子会社が中国の経済ニュースを日本語に翻訳し、中国の経済情報をいち早く皆様にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

危ぶまれる自主ブランド車メーカーの生存環境

~「自主ブランド車」の定義はなお不明瞭~
(http://autos.cn.yahoo.com/ypen/20110422/323582.html)

「自主ブランド車」には今なお明瞭な区分がなく、業界の論争もやむことがない。特に合資企業が自主ブランドをリリースして以来、「自主ブランド車」の定義についての論争はさらに拡大した。ただ、論争の焦点はエンジン、トランスミッションなどコアテクノロジーの自主的知的財産権を誰が保有しているのかということだ。

*江淮汽車(JAC)董事長の左延安氏は、自主ブランド車とは中国資本の企業が自らの研究開発能力により研究開発した車であるとしている。*比亜迪汽車(BYD)の関係部門の責任者は、自主ブランド車は自主的知的財産権、豊富な自動車製造技術、ブランドの所有権と支配権を保有しているべきだとしている。

東風日産から見れば、東風日産がリリースした自主ブランド「啓辰」は完全な自主ブランドだ。日産の技術支援を受け、海外からの資金援助が投入されているとはいえ、ブランド自体は中国市場に属しているので、「啓辰」は徹頭徹尾自主ブランドだということだ。

自動車業界の専門家は、自主ブランド車の基準はただ単に商標の帰属や製品表示の独自性だけを評価してはならず、エンジン、トランスミッション等のコアテクノロジーの習得についても評価する必要があるとしている。合資企業と合資企業がリリースした自主ブランドについていえば、これら自主ブランドがコアパーツに対する発言権を保有しているかどうかを見極める必要があるということだ。外国側が依然としてコアパーツの価格決定権と購買権を掌握しているのであれば、合資企業がリリースしている自主ブランドは*奇瑞汽車(Chery)、江淮汽車、*吉利汽車(Geely)及び比亜迪汽車などの中国国内自主ブランドが享受している優遇政策の恩恵にあずかるべきではない。

中国の「自主ブランド車」の区分には今なお統一された基準がなく、「自主ブランド車」にも統一された評価基準が存在しない。*「政府公用車調達における自主ブランド車比率は50%を下回ってはならない」とする政策について、各方面で解釈を異にするのはまさにそのためだ。現在、奇瑞汽車、江淮汽車、吉利汽車等の自動車メーカーは、中国国内企業が研究開発、生産した自主ブランド車は、政府の調達範囲に優先的に組み入れられるべきだとしている。一方で一部の合資自動車企業は、中国で生産された車はすべて同等の調達カテゴリーに組み入れられるべきだとしており、しかもこの観点は政府の調達部門の大多数からの賛同も得ている。中国で生産された全ての車が政府の調達カテゴリーに組み入れられ、そのうえ公用車の長きにわたる「アウディ」化、「BMW」化志向もあいまって、自主ブランド車は政府の調達リストには入っているものの、各地の政府調達の発注書に本当にその名が記されるには至っていない。


*江淮汽車(JAC):中国安徽省の大手自動車メーカー。商用車を得意とする。
*比亜迪汽車(BYD):中国広東省の大手自動車メーカー。電気自動車、プラグインハイブリッド車に強い。
*奇瑞汽車(Chery):中国安徽省の大手自動車メーカー。
*吉利汽車(Geely):中国浙江省の大手自動車メーカー。
*「政府公用車調達における自主ブランド車比率は50%を下回ってはならない」という政策:2009年に提起された政策。以下のリンク先を参照。
.
我国应建立政府采购自主品牌汽车长效机制 经济参考网 2011-04-22
http://jjckb.xinhuanet.com/2011-04/22/content_303394.htm

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2011年05月29日(Sun)14:15 [EDIT]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2011年06月14日(Tue)04:21 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。