技術翻訳会社トランスワード          最新の中国経済ニュース

株式会社トランスワードが中国・大連に設立した子会社が中国の経済ニュースを日本語に翻訳し、中国の経済情報をいち早く皆様にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

乗車時の安全保護 チャイルドシート関連基準が7月に登場

乗車時の安全保護 チャイルドシート関連基準が7月に登場
http://www.autohome.com.cn/news/201105/203111.html

 「六一児童節」*を迎えるにあたり、子供の安全な乗車という分野でも、よいニュースが伝わってきた。関連メディアの報道によると、中国自動車技術研究センター*主任の趙航氏は、同センターが策定、提出した「チャイルドシートなどの関連製品の国家強制標準*」(以下「標準」と略す)が関係部門の審査を通過し、7月1日から施行される見通しとなったことを明らかにした。また、報道によると、標準の具体的な規格内容には、チャイルドシート本体の技術要件、ならびに現在販売中のすべての車へのISO FIX固定装置*の取り付け義務化が含まれているとのことだ。

 調べによると、現在、中国国内の消費者は子供の乗車時の安全性については無頓着だということだが、チャイルドシートは子供の乗車時の安全を効果的に守ることができる。現在、中国国内では当分野について強制力を伴った政策が存在しない。そのためメーカーの多くがコストを下げるため、チャイルドシート関連の装備を削減している。また、現在、市場でも同様に品質面での混乱が生じている。
 
 まもなく登場する「標準」はチャイルドシート、ISO FIX固定装置などの装備について強制力を伴った要求を行う見込みだが、現在のところ、具体的な基準についてはまだ不明瞭だ。関係企業には、国家の関係部門が標準を登場させるとともに、ただ単にコストの削減や基準への対応のためだけでなく、子供の安全を適切に考慮できるようになることを望みたい。われわれとしても、チャイルドシートについて引き続き注目していきたい。

*六一児童節:中国の子供の日。6月1日。
*中国自動車技術研究センター:1985年に中国政府が投資し、設立された国家レベルの自動車技術研究機構(国営企業)。中国国務院資産監督管理委員会が管轄。
*国家強制標準:中国国家標準(GB)で、強制力を伴う規格。
*ISO FIX固定装置:国際標準化機構(ISO)のチャイルドシート固定方式規格ISO FIXに対応したチャイルドシート固定装置。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。